アウディA4セダン

新車を40万円安くするノウハウ
アウディA4セダン(アウディ)
アウディA4セダンレビュー

マイナーチェンジで環境性能と住居性がさらにアップ

アウディの中核を担うといっても過言ではないA4。 A4にはセダンとアバンドの2種があるが、このセダンは適度な車体の大きさと、住居性の高さが大きな特徴だ。

価格 人気グレード 値引き額の目安
440万円〜589万円 A4 2.0 TFSI 15万円
エコカー減税 燃費
50%  138,000円 カタログ燃費:13.8km/L  実燃費: 9.7km/L

 

質問アウディA4セダンの値引きはどのくらいでしょう?

値引き額は15万円程度です。こちらのサービスを利用して支払額を少なくしましょう。

質問エクステリアの特長は?

アウディの真骨頂ともいえるダイナミックなシルエットです。立体的なボンネットが堂々としていて力強さを主張します。

質問ゆったりとした車内空間のこだわりは?

シートの形状や広々とした足元はもちろん、レザー、ウッド、アルミニウムなど素材の選定からこだわっており、快適さを徹底的に追及しています。アウディA4セダン

質問ミディアムクラスでも広々としたスペースを確保できているのはなぜですか?

ロングホイールベースを採用し、車軸間距離を伸ばしたからです。これにより、乗員がミディアムクラスとしては最高峰のゆとりを感じることができます。

質問足回りは良いですか?

ロングホイールベースを採用しているので、他のモデルと比較すると足回りは劣ります。しかし、機動力と安定性は抜群です。加速もスムーズでハンドリングも抜群です。車軸幅が広いことによる足回りの悪さは殆どといっていいほど感じることはないでしょう。 アウディA4セダン

質問燃費は良いでしょうか。

A4 2.0 TFSIでカタログ燃費が13.8km/Lとなっています。高速道路などでの走行ではカタログ燃費に限りなく近いパフォーマンスを発揮するでしょう。また、実燃費の平均は10km/L弱で、ここから他のシーンでも燃費が良いことが伺えます。

質問今回のモデルで採用しているTFSIエンジンの特長は?

直噴技術などの技術革新により、パワフルはそのままに排気量を減らすことに成功しています。

質問MMI 3G Plusというナビの特長は?

優れたインフォテインメントの機能性です。マップは最新技術により3Dとなっています。また、CDのリッピング機能やBluetooth接続によるハンズフリー機能など最新技術を駆使しており、情報だけではなく、娯楽の面からも満足のいくシステムです。

※質問は随時追加します

支払い総額を少なくしてアウディA4セダンを安く手にいれる

いきなり結論ですが、支払い総額を抑える方法は今乗っているクルマの下取り額をUPすることです。

 『いや、自分の車は10年落ち&10万キロオーバーなんで、値段が付かないのでは?』

と思っている方。大丈夫です! 高年式車でも高値で下取りしてくれるサービスがあります。
例えば古いカローラでも40万円以上の査定額になったりもしています。
車種にもよりますが、ディーラー下取りと比べると数十万円違うこともあるので
現状の下取り額がいくらになるかチェックだけでもしてきましょう(所要時間も3分程度です)
下取り差額だけでアウディA4セダンのエアロやホイールなどが購入できるかもしれません。

ズバット買取

>>簡単1分一括査定はこちら

↑車検証が手元にあると便利です

 

ところで、このうようなオンライン査定サービスは何でこんなにも高値で買い取れるのか不思議に思うかもしれません。その理由はボロ車であっても頑丈で人気の日本車は発展途上国でのニーズが高く十分に高値で売れるからだそうです。

そして、上のシステムだと買取り業者が複数参加するため、あなたのクルマに対し、一番高い査定額を提示してきた業者に売ることができるため利用価値が高くなります。不要なクルマを大切に乗ってくれ、しかも高く売れるのであれば気持ちよくアウディA4セダンに乗り換えられますしね。

   

アウディのA4セダンは、これまでのアウディの培ってきた全てを収斂した最高峰となっている。落ち着きがありながらも存在感を与える堂々としたボディは全く飽きることがない。時代に左右されないアウディらしさを感じることができる。また、車内はミディアムクラスとは信じられない程のスペースがあり、ゆとりがある。

ただ単にゆとりがあるだけではなく、素材からこだわったインテリアが確かな上質感を演出している。さらに、今回のマイナーチェンジで環境性能も大幅に改良された。これまでと変わらない力強い走りをそのままに、最新の技術を用いて開発されたエンジンなどにより、大幅な燃費の向上に成功している。環境面での配慮はもちろん、ドライバーにも嬉しい改良であるといえる。

これまでのアウディのノウハウを詰め込み、マイナーチェンジでより日本のユー+ザーにも好まれるモデルとなったA4セダンは、クルマに余念のないユーザーを持つファミリー層を中心に、ファーストカーとして愛されるだろう。ワンランク上の贅沢さが乗員の満足度を高めてくれるに違いない。

新車を40万円安くするノウハウ